ウエスティー、味な店、ハーレー日記

mmhkurara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 04月 29日

ツインカム107B エンジン組立 2

さてさて
c0226202_922095.jpg
ヘッドまで組み上がったココからですね。
c0226202_925929.jpg
ガスケットを載っけて
c0226202_94550.jpg
アンダーロッカーカバーを
c0226202_944339.jpg
セット!
c0226202_955168.jpg
ロッカーアームサポートを組む前に
c0226202_963563.jpg
フタを開けてブリーザー室をバージョンアップしましょう。
c0226202_975068.jpg
指してるココの穴がブローバイガスがスポンジでオイルと空気に分離した後にエンジン側に戻るオイルのリターン穴です。

穴の大きさ約1.6ミリです。
c0226202_910461.jpg
4.5ミリに拡大

なぜ??

c0226202_9333156.jpg


図で示す通りエンジン内圧はスポンジを通る事によりオイルと空気、ガスに分離されます空気、ガスはエンジン外部へ、オイルはリターンしてエンジン内部へ戻ります。

この時スポンジに溜まったオイルを穴の拡大によって速やかにエンジン内部にかえす事によって、スポンジにオイルが溜まってなければ以前よりもエンジン外部にブローバイガスを放出出来ます。

ブローバイを制する者はエンジンパワーも制する!!

c0226202_9423241.jpg
加工も終わりましたんでロッカーアームサポートも組込み
c0226202_9432613.jpg
ローラーロッカーアームをオゴリます。
c0226202_9445175.jpg
ド〜ン!!


つづく

by mmh-kurara | 2013-04-29 09:45 | 09 ロッカー C | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmhkurara.exblog.jp/tb/19943774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 廃オイル&廃タイヤの活用方法      Cool jive Band ... >>