ウエスティー、味な店、ハーレー日記

mmhkurara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 11日

デイトナ10年ぶりの復活! ブレーキオイル交換編

さてさて

c0226202_111927.jpg


こちらの92年のデイトナ

約10年エンジンもかけずに車庫の片隅に眠ってました。寝かせて喜ばれるのはワインだけ!(笑

よし!乗るか!を合言葉に整備してシーズンオフ前に乗りましょう!!

c0226202_1155243.jpg
何せフロントブレーキはスカスカでブレーキが効かず。搬送車から降ろす時もブレーキが効かないのでギヤをローに入れて半クラで下ろしました。

難しかった。

まずは前後ブレーキオイルを交換しましょう!

c0226202_1111654.jpg
フロントマスターシリンダーのフタを開けて
c0226202_11114410.jpg
古いオイルを抜きました。

10年物!?下手をしたら22年物のブレーキオイルは、まるでサラダのドレッシングのように浮遊物が満載............
c0226202_11153744.jpg
抜いて清掃して新しいオイルを注入して
c0226202_111774.jpg
キュッキュ!キュッキュ!と古いオイルを抜いて
c0226202_1118655.jpg
新しいオイルが見えたらオーケー!
この年式のローライダーはフロントダブルディスクなので右が終われば左もやりましょう!

c0226202_11271878.jpg
リア
c0226202_11273698.jpg
ブレーキも同じく
c0226202_11275978.jpg
オイル交換!

ブレーキもバッチリ!これで命を乗せて走れます!

お次はキャブレターの脱着洗浄を行ないましょう!


c0226202_11301891.jpg
久々に見ました。純正エボのエアクリカバー。
c0226202_11321043.jpg
何故か見るとホッとするCVキャブを取り外し。ガソリンタンクのガソリンも交換。
c0226202_11345315.jpg
タンクからキャブに繋がってるホースも経年劣化で穴が空いてましたので、この辺のホース類も交換ですね。

キャブのフロート室を開けてみましょう。

c0226202_11372868.jpg
苔!?
c0226202_11384159.jpg
メインジェット回りも鍾乳石のようになっております................

キャブ洗浄にオーバーホールがプラスですね。

c0226202_1139584.jpg
マニホールドのシール関係も合わせて交換で二次エアー等のリスクを減らしておきましょう!!


つづく

by mmh-kurara | 2014-10-11 11:42 | ハーレー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmhkurara.exblog.jp/tb/22774005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< デイトナ10年ぶりの復活! 電...      92’ FXDB-D  ダイナ... >>