ウエスティー、味な店、ハーレー日記

mmhkurara.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 30日

走り激変!ハーレーフロントフォークチューニング! RACE TECH(レーステック)

さてさて

c0226202_13442928.jpg
ひよこ先生と検討した結果
c0226202_13401329.jpg
98ローライダーのフロントフォークチューニング内容も決まりました!
c0226202_1346353.jpg
トラクテックじゃないよレーステックだよ〜!

レーステックはロード&ダートで有名なアメリカのサスペンションメーカーです。
c0226202_13555796.jpg
今回オーダーしたのはダンパーロッド式フォーク用のゴールドバルブとスプリングがキットになってるものです。

以前に1200sやFXDXのカートリッジ式フォークに、このキットを何台か組み込みましたが皆さん大絶賛!!

巷で定番のプログレッシブ(ダブルレート)スプリング&硬いオイルに交換では、ダンパーロッド式フォークの構造上スピードレンジが上がればギャップを拾った時の突き上げがかなりキツイです。

c0226202_14263284.jpg
こちらが
c0226202_14271180.jpg
ゴールドバルブ!

これをダンパーロッド式フォークに組み込むことによってフォークオイルの流量に応じた適度な減衰力になりカートリッジ式フォークと同等のフロントフォークに生まれ変わります。

ちなみにこのゴールドバルブはオーリンズのフロントフォーク&リアサス用もラインナップに有るので、見えないだけで換えてる人は換えています!
c0226202_1437889.jpg
上がレーステックのスプリングで下がノーマルのスプリングです。

今回はオーナーの体重に合わせたレーステック社のデジタルサーチを使ってスプリングの硬さを決定。
c0226202_1447251.jpg
右がレーステック左がノーマル
c0226202_1448813.jpg
スプリングの硬さが分かりますね。
c0226202_1449424.jpg
まずはダンピングロッドを
c0226202_14495194.jpg
上のノーマルのものからレーステック社の指定通りに下のようにオイル通路を増設。

こうする事によりノーマルフォークの減衰力機能を無くして、代わりにゴールドバルブが減衰力を受け持つ感じになります。

c0226202_14554952.jpg
ゴールドバルブのプリロード用のスプリングも硬さの違うものが3種類が入ってますので、まずは指定のスプリングで組み込みますが、スプリングを換える事によって、後に乗り方に合わせたセッティングも可能です!
c0226202_1532114.jpg
見えなくなってしまうのでインナーチューブ内では、こんな感じになっております。

早速組み込みましょう!

の前に

c0226202_155334.jpg
ナカナカとフロントフォーク全バラしませんのでフォークシールを交換しときましょう!

こちらのアリートのフォークシール日本ではプロトが取り扱ってまして、ノーマル材質はNBRを使っておりますが、アリートの素材はXNBRです。

XNBRはNBRに比べて耐摩耗性  約3倍! 対破断性  約1、5倍!  フリクションロスも30%軽減!!と言う素晴らしいもので、しかも安い!!交換の際にはオススメします!

c0226202_1519637.jpg
スライダーブッシュもコーティングの剥がれも無かったので再使用します。
c0226202_15423021.jpg
組み込み
c0226202_15424976.jpg
指定のオイル番手を入れて
c0226202_1543471.jpg
油面調整
c0226202_1543323.jpg
付属のカラーを指定寸法に切断
c0226202_15441384.jpg
フォークに組み込んで
c0226202_15444165.jpg
完成です!

長文になってしまいましたが一言で言えば


もうノーマルには戻れません



つづく



信じるか信じないかはあなた次第です!

by mmh-kurara | 2015-01-30 15:48 | 98 FXDL | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://mmhkurara.exblog.jp/tb/23409646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2月      2015  北海道  DRAG >>